MENU

気付ける薬剤師 ~緩和医療薬学会~

先週末、京都へ行ってきました!

秋深まる中、紅葉狩り♪

 

 

 

とはいかず、京都大学にてお勉強です。

写真は京大にいくまでの間に立ち寄ったお寺の境内でのもの。

一面、黄色の絨毯で、とっても素敵でした!

 

今回参加したのは、日本緩和医療薬学会の教育セミナー。

今回の教育セミナーは興味をひくものばかり!

小児の緩和ケア、大腸がんの化学療法、鎮痛補助薬、緩和ケアの臨床倫理…などなど

 

特に、【小児の緩和ケア】については、学べる機会が少ないため、この日を楽しみにしていました。

小児の場合、疾患も様々ですし、体重も数kgから大人ほどの体重まで幅が広く、標準化は難しい。

特に、乳幼児の場合、代謝も大人とは異なるため、更に気を付けなければなりません。

また、お子さんの場合、痛みを正確に伝えることができなかったり、我慢してしまう傾向が強いということ。

たからこそ、私たちが気付いてあげなければなりません。

 

また、【鎮痛補助薬】については、自分の勉強が足りないと最近とても悩んでいます。

患者さま、特にがん患者さまは、痛みだけでなく、複数の苦痛症状を経験されています。

基本的な鎮痛剤で痛みや苦しみをコントロールできる方も多くいらっしゃいますが、それだけでは難しい『難治痛』を訴える患者さまに遭遇するケースがありました。

痛み止めを増量しても、痛みはとれなかったり、副作用が強くでてしまったり。

そういったときの補助薬の選び方や使い方、そして使用時の注意点など、学ぶことができました。

また、基本的な鎮痛剤で痛みのコントロールができている患者さまでも、数日後には不快な想いをされたりするケースもあります。

その時に、「気付いて、医師に提案したりできる、そんな薬剤師であってほしい」と演者の先生からの言葉が印象的でした。

 

 

今回のセミナーでは、【気付くことの大切さ】をはじめ、たくさんのことを学ばせてもらいました。

患者さま、そのご家族、そして地域の皆さまの頼れる薬局、薬剤師になるために、これからも日々研鑽を積んでいきたいと思います。


PAGE
TOP
お問い合わせ
マイナビからエントリー